ゲウム・リウァレ [Index] [Back]

Geum rivale

Geum rivale

Geum rivale

ヨーロッパが原産です。標高2100メートル以下の湿った草地や森、川沿いなどに生え、高さは15〜45センチになります。葉は羽状複葉で、3〜6対の小葉がつきます。上部の葉は3出複葉です。花は5月から7月に咲き、下向きのベル形でクリーム色から淡ピンク色、褐紫色の萼がつきます。花柱はかぎ状です。
バラ科ダイコンソウ属の多年草で、学名は Geum rivale。
英名は Water avens。
Water avens (Geum rivale) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a perennial herb that is native to Europe. This herb grows in damp meadows, woods and stream-sides, to 2100 m elevation, and can reach 15-45 cm in height. The leaves are pinnate compound with 3-6 pairs of leaflets. The upper leaves are trifoliate compound. The flowers are solitary nodding-bells, cream or pale pink with brownish-purple sepals, and bloom from May to July. The styles are hooked.
[上・中] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] イギリス・スコットランド・ベンカウワーズにて、
2016年06月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp