ぎんようアカシア (銀葉アカシア)

Acacia baileyana

Acacia baileyana

Acacia baileyana

Acacia baileyana

Acacia baileyana

Acacia baileyana

オーストラリアのニューサウスウェールズ州が原産です。高さは、8〜
15メートルになります。葉は偶数2回羽状複葉で、銀灰色をしていま
す。わが国へは明治時代に渡来し、暖地で庭木や切り花用に栽培さ
れています。1月から2月ごろ、総状花序をつけ、芳香のある黄色い
花を咲かせます。オーストラリアの国花です。
ネムノキ科アカシア属の常緑高木で、学名は Acacia baileyana。
英名は Cootamundra wattle。
The Cootamundra wattle (Acacia baileyana) belongs to Mimosaceae (the
Mimosa family). It is a tall evergreen tree that is native to New South
Wales, Australia. This tree can reach 8-15 m in height. The leaves are
silver-gray and bipari-pinnately compound. This tree was introduced to
Japan in the Meiji Era. It is planted in gardens in the warmer parts of the
country and its branches are used in flower arrangement. The fragrant
yellow flowers bloom on racemes in January to February. The
Cootamundra wattle is the national flower of Australia. (edit by Greg
Brockelbank)
[上] 静岡県浜松市西区呉松町にて、2007年03月13日撮影。
[中1] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、2007年02月14日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中2] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2006年03月24日撮影。
[中3・中4] 同上にて、2005年03月19日撮影。
[下] 同上にて、2004年05月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp