ぎんばいか (銀梅花)

Myrtus communis

Myrtus communis

Myrtus communis

Myrtus communis

Myrtus communis

南ヨーロッパから西アジアが原産です。よく分枝して、高さは3〜4.5
メートルになります。葉は卵形から披針形で、対生または3片輪生し
ます。葉には「ユーカリ」に似た香りがあり、肉料理の香りづけやハー
ブピローに利用されます。7月から8月ごろ、「ウメ」のような白い花を
いっぱいに咲かせます。果実は11月ごろ黒紫色に熟しますが、乾燥
させてミルで挽き、肉類のスパイスとして利用されます。
フトモモ科ギンバイカ属の常緑低木で、学名は Myrtus communis。
英名は Myrtle。
[上・中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年06月25日撮影。
[中2] 同上にて、2006年07月15日撮影。
[下] 同上にて、2006年11月23日撮影。
[中3] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2004年12月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp