ぎんぱいそう (銀盃草) [Index] [Back]

Nierembergia rivularis

Nierembergia rivularis

Nierembergia rivularis

南アメリカのアルゼンチンからチリが原産です。茎は地上を這って広がり、高さは5センチほどになります。節から発根します。葉は長いへら形です。初夏に、節から花柄を伸ばし、白色の花を咲かせます。花冠は皿形で5裂し、芯は黄色です。地被植物として利用されます。
ナス科アマモドキ属の多年草で、学名は Nierembergia rivularis。
英名は Whitecup。
Whitecup belongs to Solanaceae (Nightshade family). It is a perennial herb that is native to Argentine and Chile. The stems spreads by creeping, and can reach about 5 cm in height. It is taking roots at the nodes. The leaves are long-spatulate. The flower stalks are borne at the nodes, and bloom white flowers in early summer. The corolla is saucer-shaped and divided into 5 lobes with a yellow center. This herb is used for groundcover.
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾にて、2007年08月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp