ぎんらん (銀蘭)

Cephalanthera erecta

Cephalanthera erecta

Cephalanthera erecta

Cephalanthera erecta

Cephalanthera erecta

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島に分布しています。山野や丘陵の林内に生え、高さは10〜25センチになります。葉は楕円形から卵状楕円形で、3〜6個が互生します。5月から6月ごろ、茎頂に穂状花序をつけ、小さな白色の花を咲かせます。花冠は半開します。 
ラン科キンラン属の多年草で、学名は Cephalanthera erecta。
英名はありません。 
"Gin-ran" (Cephalanthera erecta) belongs to the Orchidaceae (the Orchid family). It is a perennial herb that is native to Japan and the Korean Peninsula. This herb grows in montane woodlands and can reach 10-25 cm in height. The leaves are elliptic to ovate-elliptic and 3-6 arranged in alternate. The spikes are borne on the stem apices and bloom small white flowers. The corolla is harf out. 
[上] 長野県岡谷市湊にて、2008年05月30日撮影。
(photo by Takao Ito)
[中1] 長野県安曇野市穂高「烏川渓谷緑地」にて、
2006年06月01日撮影。
[中2〜3・下] 宮城県仙台市「泉ヶ岳」にて、2016年06月04日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp