グロブラリア・コルディフォリア

Globularia cordifolia

Globularia cordifolia

Globularia cordifolia

Globularia cordifolia

Globularia cordifolia

グロブラリア属は地中海沿岸からヨーロッパに固有の植物です。コ
ルディフォリア種はアルプスからアペニン山脈、セベンヌ山脈それに
ピレネー山脈に分布しています。高山帯の草地に生え、高さは3〜
10センチほどになります。葉は皮質の卵形で、根生します。夏に花
茎を伸ばして、球形花序に青紫色の花を咲かせます。
グロブラリア科グロブラリア属の常緑小低木で、学名は Globularia
cordifolia。英名は Matted globularia。
Globularia is an endemic genus to coastal areas of the Mediterranean Sea
and Europe. Matted globularia is native to Alps, Apennine, Cevennes and
Pyrenees mountains. This herb occurs in alpine grasslands and can reach 3-
10 cm in height. The leaves are leathery ovate and basal. The bluish purple
flowers come in the spherical inflorescence in summer.
[上] スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山
植物園」にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1] スイス・ルツェルン州「ピラトゥス山」にて、
2009年06月25日撮影。(photo by Jou Suehiro)
[中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年03月03日撮影。
[中3] 同上にて、2005年12月07日撮影。
[下] 同上にて、2003年10月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp