グロブラリア・ヌディカウリス [Index] [Back]

Globularia nudicaulis

Globularia nudicaulis

Globularia nudicaulis

ヨーロッパの標高900〜2700メートルの山地に分布しています。草地に生え、高さは20〜30センチになります。葉は長楕円形から倒卵形で、長さ15センチほど、長い葉柄があります。夏に球状花序をだし、青紫色の花を咲かせます。
グロブラリア科グロブラリア属の常緑小低木で、学名は Globularia nudicaulis。英名はありません。
The Globularia nudicaulis belongs to the Globulariaceae family. It is an evergreen shrub that is native to European mountains at altitudes between 900 and 2700 m. This shrub in grasslands and can reach 20-30 cm in height. The leaves are oblong to obovate, about 15 cm long with long petioles. The bluish purple flowers bloom in the spherical inflorescence in summer.
[上・中] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月15日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] スイス・ベルン州「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、
2013年07月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp