グロリオサ (狐百合) [Index] [Back]

Gloriosa superba

Gloriosa superba

Gloriosa superba

Gloriosa superba

Gloriosa superba

Gloriosa superba

Gloriosa superba

Gloriosa superba

Gloriosa superba

アフリカの南部が原産です。蔓性あるいは株立ち性で、丘陵などの半日陰に生え、高さは1〜1.5メートルほどになります。葉は卵形で対生し、葉先は巻きひげとなっています。夏に輝くような赤色と黄色の花を咲かせます。別名で「きつねゆり(狐百合)」とか「ゆりぐるま(百合車)」と呼ばれます。
ユリ科グロリオサ属の多年草で、学名は Gloriosa superba。
英名は Flame lily, Glory lily。
Flame lily (Gloriosa superba) belongs to Liliaceae (the Lily family). It is a climbing or bushy perennial herb that ia native to southern Africa. This herb grows in semi-shade arears of hillsides and can reach about 1-1.5 m in height. The leaves are ovate and opposite with tendril tips. The brilliant yellow and red flowers appear in summer.
[上・中1] オーストラリア・シドニー市デュラルにて、
2009年04月25日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2] 同上にて、2009年05月05日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3] 千葉県香取市大角にて、2011年07月08日撮影。
[中4〜中7] 同上にて、2012年07月20日撮影。
[下] 同上にて、2011年11月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp