ゴデチア (色待宵草) [Index] [Back]

Godetia amoena

Godetia amoena

Godetia amoena

Godetia amoena

Godetia amoena 'June Mixed'

Godetia amoena 'June Mixed'

Godetia amoena 'June Mixed'

Godetia amoena 'Flamingo Mixed'

北アメリカの太平洋岸、ブリティッシュコロンビア州南部からカリフォルニア州中部にかけて分布しています。乾燥した斜面の草原や、林や茂みの空き地に生え、高さは15〜90センチになります。葉は披針形です。6月から8月ごろ、緩やかな花序に、派手なピンク色でカップ形の花を咲かせます。園芸用に、多くの種間交雑種が作出されています。和名では「いろまつよいぐさ(色待宵草)」と呼ばれます。
アカバナ科ゴデチア属の越年草で、学名は Godetia amoena(syn. Clarkia amoena)。英名は Farewell to spring、Godetia。
Farewell to spring (Godetia amoena) belongs to the Onagraceae (the Evening primose family). It is a biennial herb that is native from southern British Columbia south to central California. This herb grows in dry grassy slopes, openings in brush and woods, and can reach 15-90 cm in height. The leaves are lanceolate. Showy pink cup-shaped flowers in a loose inflorescence come in June to August. Many interspecies hybrids have been breeded.
[上] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年05月31日撮影。
[中1・中2] 同上にて、2007年05月12日撮影。
[中3] 同上にて、2007年05月10日撮影。
[中4] 千葉県香取市大角にて、2010年06月25日撮影。
[中5〜6・下] 同上にて、2011年06月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp