ごきだけ (銅器竹)

Pleioblastus argenteostriatus f. pumilus

Pleioblastus argenteostriatus f. pumilus

わが国の本州から四国・九州に分布しています。桿の直径は1セン
チ、高さは1〜3メートルになります。「メダケ」に似ていますが、葉が
上向きにつき、冬には落葉します。また節には長い毛があります。別
名で「イヨスダレ(伊予簾)」とも呼ばれます。写真の種名札は「ケザ
ヤノゴキダケ(毛鞘の銅器竹)」。
イネ科メダケ属のタケ類で、学名は Pleioblastus argenteostriatus f.
pumilus。英名はありません。
京都市西京区「洛西竹林公園」にて、2006年02月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp