ごまぎ (胡麻木) [Index] [Back]

Viburnum sieboldii

Viburnum sieboldii

Viburnum sieboldii

Viburnum sieboldii

Viburnum sieboldii

わが国の本州、関東地方以西の太平洋側から四国・九州それに沖縄に分布しています。山地に生え、高さは7メートルほどになります。葉は倒卵状楕円形で対生し、上部には鋸歯があります。4月から6月ごろ、枝先に円錐花序をつけ、小さな白色の花を咲かせます。果実は核果で、赤色から黒色に熟します。名前は、枝や葉を傷つけると「ごま」の香りがすることによります。
スイカズラ科ガマズミ属の落葉高木で、学名は Viburnum sieboldii。
英名はありません。
"Goma-gi" (Viburnum sieboldii) belongs to the Caprifoliaceae (the Honeysuckle family). It is a tall deciduous tree that is distributed westward from Kanto district to the Pacific Ocean Side of Honshu, Shikoku, Kyushu and the Okinawa Island. This tree grows in mountains and can reach about 7 m in height. The leaves are obovate-elliptic with toothed edges at the upper parts, and arranged in opposite. The panicles are borne on terminal branches, and the small white flowers bloom from April to June. The fruits are drupes, and ripen in red to black. The Japanese name is derived from the sesame-like fragrant when the branches or leaves are injured.
[上・中1] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年08月01日撮影。
[中2〜3・下] 同上にて、2012年07月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp