グランサムつばき (グランサム椿) [Index] [Back]

Camellia granthamiana

Camellia granthamiana

Camellia granthamiana

Camellia granthamiana

香港の馬鞍山と中国中部の広東省に分布しています。1955年に、香港・大帽山の峡谷で初めて発見されました。森林に生え、高さは3〜9メートルになります。葉は倒卵状楕円形または長楕円形で濃緑色、革質で細鋸歯があります。12月から1月ごろ、白色の花を咲かせます。果実はほとんど球形の刮ハで、長く存在する萼片が取り囲みます。中国名は「大苞白山茶(Da bao bai shan cha)」。 
ツバキ科ツバキ属の常緑低木で、学名は Camellia granthamiana。
英名は Grantham's camellia。 
The Grantham's camellia (Camellia granthamiana) belongs to the Theaceae (the Tea family). It is a small evergreen tree that is native to Ma On Shan in Hong Kong and Guandong in central China. It was first discovered in the ravine of Tai Mo Shan in 1955. This tree grows in forests and can reach 3-9 m in height. The leaves are obovate-elliptic or oblong, dark green and leathery with serrulate margins. The white flowers bloom in December and January. The fruits are subglobular capsule, surrounded by persistent sepals. 
東京都文京区「小石川植物園」にて、2015年12月27日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp