グレーブフルーツ

Citrus paradisi

Citrus paradisi

Citrus paradisi

Citrus paradisi

Citrus paradisi

Citrus paradisi

Citrus paradisi

Citrus paradisi

Citrus paradisi

Citrus paradisi

Citrus paradisi

アジアが原産です。「ぶんたん(文旦、Citrus grandis)」と「オレンジ
(Citrus sinensis)」との交配種といわれています。この果樹は18世紀
ごろ、イギリスのシャドック船長(Captain Shaddock)が西インド諸島に
導入して、栽培が始まったとされています。高さは10メートルほどに
なり、つやのある葉をつけ、白い花を咲かせます。名前は、「ふどう」
の房のようにたわわに果実をつけることから。
ミカン科ミカン属の常緑高木で、学名は Citrus paradisi。
英名は Grapefruit。
Grapefruit (Citrus paradisi) belongs to the Rutaceae (the Citrus family). It is
a tall evergreen tree that is native to Asia. It is a natural hybrid between
Pomelo (Citrus grandis) and Sweet Orange (Citrus sinensis). This fruit tree
was introduced into the West Indies in eighteenth century by English
Captain Shaddock. It can reach about 10 m in height. The leaves are
glossy and the flowers are white. The common name "Grapefruit" derives
from abundant harvest botryoidally.
[上・中1〜2・中5] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年03月28日撮影。
[下] 同上にて、2009年11月15日撮影。
[中3・中4] ベトナム・ハノイ市にて、2009年03月07日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中6・中7] オーストラリア・シドニー市「ガルストンオープンガーデン」
にて、2006年08月12日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中8・中9] オーストラリア・シドニー市デュラルにて、
2009年06月08日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp