グラプトペタルム・スペルブム [Index] [Back]

Graptopetalum superbum

メキシコが原産です。幅12.5センチほどの平たく開いたロゼットを形成します。葉は厚く、淡い灰藤色からピンク色で、厚い茎の先端にロゼット状に集まってつきます。赤い雄しべがある黄色い花が、冬の終わりから春に見られます。 
ベンケイソウ科グラプトペタルム属の常緑多年草で、学名は Graptopetalum superbum。英名は Beautiful graptopetalum。 
Beautiful graptopetalum (Graptopetalum superbum) belongs to the Crassulaceae (the Orpine family). It is an evergreen perennial herb that is native to Mexico. This herb forms flat open rosettes about 12.5 cm in width. The leaves are thick, pale gray-lavender to pink, and cluster in rosettes at the end of thick stems. Yellow flowers with red stamens appear from late-winter to spring. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp