グレビレア・アルピナ [Index] [Back]

Grevillea alpina

Grevillea alpina

Grevillea alpina

Grevillea alpina

Grevillea alpina

オーストラリアの東南部、ニューサウスウェールズ州からビクトリア州に分布しています。乾燥した硬葉樹林や森林、荒れ地やユーカリの叢林などに生え、高さは0.3〜2メートルになります。葉は長楕円形から楕円形で、全縁です。おもに冬から春にかけて、猫のつめのような花を咲かせます。花披は赤く、頂部は緑色からクリーム色です。果実は袋果で、ふつう毛が生えます。
ヤマモガシ科ハゴロモノキ属の常緑小低木で、学名は Grevillea alpina。英名は Mountain grevillea、Cat's claws grevillea。
Mountain grevillea (Grevillea alpina) belongs to the Proteaceae family. It is an evergreen shrub that is native to south-eastern Australia; New South Wales and Victoria. This shrub grows in dry sclerophyll forest or woodland, heath, or mallee, and can reach 0.3-2 m in height. The leaves are oblong to elliptic with entire margins. The flowers resemble to cat's claw and bloom in mainly winter and spring. The peroanth is red with green or yellow-cream at the apex. The fruits are follicle and usually hairy.
[上・中1〜2] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年05月23日撮影。
[中3・下] 同上にて、2011年05月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp