グリーンローズ (青花)

Rosa chinensis ssp. viridiflora

Rosa chinensis ssp. viridiflora

Rosa chinensis ssp. viridiflora

Rosa chinensis ssp. viridiflora

Rosa chinensis ssp. viridiflora

中国原産で、わが国でも垣根用に古くから栽培されてきた「こうしんばら(庚申薔薇)」の亜種です。四季咲きで、花は緑色の小さな八重咲きです。花には花弁がなく、たくさんの萼片があります。満開のときには、赤味を帯びます。別名で「せいか(青花)」とも呼ばれるそうです。
バラ科バラ属の常緑小低木で、学名は Rosa chinensis ssp. viridiflora。
英名は Green rose。
Green rose (Rosa chinensis ssp. viridiflora) belongs to the family Rosaceae (the Rose family). It is an evergreen shrub that is native to China. It is a sub-species of China rose which was introduced in Japan and has been cultivated as a hedge plant from long ago. This rose is everblooming, small, green, double-flowered variety. The flower lacks petals, having instead many petallike sepals. It is tinged reddish when full bloom.
[上・中1〜2] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年11月21日撮影。
[中3・下] 茨城県石岡市「茨城県フラワーパーク」にて、
2013年11月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp