グリンデリア・スクアローサ [Index] [Back]

Grindelia squarrosa

Grindelia squarrosa

北アメリカの中・西部に分布しています。乾燥して開けた場所に生え、高さは20〜60センチになります。葉は長楕円形で無毛、硬くなった小さな鋸歯があります。中部から上部の葉はほとんどが茎を抱きます。7月から9月ごろ、黄色い頭花を咲かせます。25〜40個の舌状花と直径1〜2センチの中心花があります。グレートプレーンズに住んでいた人々は、喘息や気管支炎、皮膚発疹などの治療薬として利用していました。
キク科グリンデリア属の二年草または多年草で、学名は Grindelia squarrosa。英名は Curlycup gumweed。
Curlycup gumweed (Grindelia squarrosa) belongs to the family Asteraceae (the Aster family). It is a biennial or short-lived perennial that is native to central and western North America. This herb grows in dry, open places, and it can reach 20-60 cm in height. The leaves are oblong, hairless with small hardened teeth. The middel and upper leaves are mostly clasping. The yellow flower-heads bloom from July to September. The flower-head consists of 25-40 rays and a disk 1-2 cm wide. The fruits are achenes. It was used by Great Plains Tribes as a medicinal herb to treat illnesses such as asthma, bronchitis or skin rashes.
アメリカ・カリフォルニア州「パシフィックグローブ」にて、
2009年06月12日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp