グアイアクム・アングスティフォリウム

Guaiacum angustifolium

Guaiacum angustifolium

アメリカのテキサス州の中・南部からメキシコ北東部に分布していま
す。谷や峡谷の茂みに生え、高さは6メートルほどになります。枝は
短く曲がっていて、コンパクトな樹冠です。葉は鱗片状で羽状複葉を
形成し、対生または叢生します。春から夏にかけて、葉腋から長い花
柄を伸ばして、空色または紫色の花を咲かせます。果実は平らなハ
ート形で、中にはふつう2個の真っ赤な仮果皮に包まれた種子がつ
きます。
ハマビシ科ユソウボク属の常緑低木で、学名は Guaiacum
angustifolium。英名は Texas lignumvitae, Texas porliera, Soapbush。
アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2003年11月09日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp