ぐんばいづる (軍配蔓)

Veronica onoei

Veronica onoei

Veronica onoei

わが国の固有種で、長野県中北部と岐阜県北東部、群馬県に分布
しています。山地の日当たりの良い礫地に生え、高さは5〜10セン
チほどになります。茎は長く地上を這い、節から根をおろして広がり
ます。葉は円形から卵円形で対生し、細かい鋸歯があります。7月か
ら8月ごろ、葉腋から花茎を伸ばして、深く4裂した淡い青紫色の花
を咲かせます。2個の雄しべが花冠から突きだしています。名前は
果実が軍配のかたちをしていることから。別名で「まるばくわがた(丸
葉鍬形)」とも呼ばれます。
ゴマノハグサ科クワガタソウ属の多年草で、学名は Veronica onoei。
英名はありません。
"Gunbai-zuru" (Veronica onoei) belongs to Scrophulariaceae (the
Figwort family). It is a perennial herb that is endemic to Japan and
distributed to central-northern Nagano prefecture, north-eastern Gifu
prefecture and Gunma prefecture. This herb grows in montane sunny
screes and can reach 5-10 cm in height. It spreads by long stems and bears
fibrils at the nodes. The leaves are round to ovate-round and opposite with
fine toothed edges. The pale bluish-purple flowers bloom on the flowering
stalks from July to August. The corolla is divided into four-partites and has
exserted two stamens. The fruits look like referee's fan.
[上・中] 長野県東御市新張「湯の丸高原」にて、
2005年07月10日撮影。
[下] 長野県山ノ内町「東館山高山植物園」にて、
2010年07月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp