グンネラ・マニカタ (鬼蕗)

Gunnera manicata

Gunnera manicata

Gunnera manicata

Gunnera manicata

Gunnera manicata

Gunnera manicata

南アメリカのコロンビアとブラジル南部に分布しています。池沼や河川などの水辺に生え、高さが2〜3メートルになります。和名では「おにぶき」と呼ばれますが、「ふき」の仲間ではありません。5月から7月ごろ、根元から1メートルにもなる穂状花序をだし、緑色の花を咲かせます。 
アリノトウグサ科グンネラ属の多年草で、学名は Gunnera manicata。
英名は Giant rhubarb。 
Giant rhubarb (Gunnera manicata) belongs to the Haloragaceae family. It is a perennial herb that is native to South America; Colombia and southern Brazil. This herb grows in water's edges of ponds or streams and can reach 2-3 m in height. The spikes about 1 m long are borne from the bases and bloom greenish flowers from May to July. 
[上・中1] アイルランド・コノハト地方「コネマラ国立公園」にて、
2005年07月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2002年06月16日撮影。
[中3] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲートパーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4・下] イギリス・スコットランド・ロックカーロン「アタデールガーデン」にて、2016年06月02日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp

L>