グズマニア

Guzmania cv. Symphony

Guzmania cv. Jazz

Guzmania cv. Ostara

Guzmania cv. Luna

Guzmania cv. Luna

Guzmania cv. Luna

Guzmania cv. Luna

わが国では「アナナス」と呼ばれることの多い、パイナップルの仲間ですが果実はなりません。熱帯アメリカに約130種が分布し、多くは熱帯雨林のなかで樹木や岩などに着生しています。星状に開いた赤い苞が特徴ですが、最近では改良が進んで、苞の色も赤紫や黄など多彩になっています。
写真上は「シンフォニー(cv. Symphony)」
中1が「ジャズ(cv. Jazz)」
中2は「オスタラ(cv. Ostara)」
そして中3が「ルナ(cv. Luna)」。 
パイナップル科グズマニア属の常緑多年草で、学名は Guzmania sp.(属の総称)。英名は Guzmania。 
Guzmania belongs to the Bromeliaceae (the Pine apple family). It is an evergreen perennial herb that is native to tropical America. The genus has about 130 species, they occur in rainforests and are epyphytes on the trees or rocks. The flower is defined by star-shaped red bracts. The many cultivars are breeded with colorful bracts. They are also called 'Ananas' in Japan. 
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2007年03月26日撮影。
[中1] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年04月28日撮影。
[中2] 同上にて、2005年10月22日撮影。
[中3] シンガポール・シンガポール市「ボタニックガーデン」にて、
2000年08月31日撮影。
[中4〜5・下] アメリカ・フロリダ州「フェアチャイルド熱帯植物園」にて、2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp