ギムノクラドゥス・ディオイクス

Gymnocladus dioicus

Gymnocladus dioicus

Gymnocladus dioicus

アメリカの東部から中部に分布しています。渓谷の湿ったところなど
に生え、高さは24メートルほどになり、広い樹冠を形成します。樹皮
は濃い灰褐色で、深い裂け目が入り鱗状の稜ができます。葉は大き
な2回羽状複葉で、小葉は卵形です。雌雄異株で、晩春に長い花序
をだし、白っぽい色の花を咲かせます。果実は平たい莢果で、赤褐
色に熟します。かつて種子は焙煎されてコーヒーの代用品として使わ
れました。
マメ科ギムノクラドゥス属の落葉高木で、学名は Gymnocladus
dioicus。英名は Kentucky coffeetree。
Kentucky coffeetree belongs to Fabaceae (Legume family). It is a
deciduous tall tree that is distributed eastern and central United States. This
tall tree occurs in moist soils of valleys and can reach about 24 m in height
with a wide spreading crown. Barks are dark grayish borwn, developing
deep fissures with scaly ridges. Leaves are large bipinnately compound with
ovate leaflets. This tree is dioecious, and whitish flowers in the long clusters
are seen in late spring. Fruits are flat pods and ripen reddish brown. The
roasted seeds were once used as a coffee substitute.
アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年12月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp