ぎょりゅうばい (御柳梅)

Leptspermum scoparium

Leptspermum scoparium

Leptspermum scoparium

Leptspermum scoparium

Leptspermum scoparium

Leptspermum scoparium

Leptspermum scoparium

Leptspermum scoparium

ニュージーランドやオーストラリアのタスマニア地方が原産です。高さは3〜5メートルになり、枝には棘があります。3月から6月ごろ、「うめ」に似たかわいい花をたくさん咲かせます。花色には赤色やピンク、白色などがあり、一重咲きと八重咲きがあります。ニュージーランドの国花です。 
フトモモ科ネズモドキ属の常緑低木で、学名は Leptspermum scoparium。英名は Tea-tree。 
Tea-tree (Leptspermum scoparium) belongs to the Myrtaceae (the Myrtle family). It is a small evergreen tree that is native to New Zealand and the Tasmania of Australia. This tree grows up 3-5 m in height and it has spines on branches. The Japanese apricot-like, pretty flowers bloom abundantly from March to June. They are red or pink, white flower-color, and double flower or single flower. It is the national flower of New Zealand. 
[上] アメリカ・カリフォルニア州「ポイントロボス州立公園」にて、
04年04月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年03月30日撮影。
[中2] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
006年05月04日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3・中4] ポルトガル・アルガルヴェ地方カストロマリンにて、
2015年12月16日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5〜6・下] 同上にて、2015年12月21日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp