ぎょうじゃにんにく (行者大蒜)

Allium victorialis ssp. platyphyllum

Allium victorialis ssp. platyphyllum

Allium victorialis ssp. platyphyllum

Allium victorialis ssp. platyphyllum

Allium victorialis ssp. platyphyllum

Allium victorialis ssp. platyphyllum

Allium victorialis ssp. platyphyllum

Allium victorialis ssp. platyphyllum

Allium victorialis ssp. platyphyllum

Allium victorialis ssp. platyphyllum

Allium victorialis ssp. platyphyllum

Allium victorialis ssp. platyphyllum

わが国の本州、奈良県以北から北海道、それに朝鮮半島や東シベリアに分布しています。葉の長楕円形で、2〜3個が根生します。全体に「にら」に似た香りがあります。6月から7月ごろ、花茎を伸ばして球状花序に、淡い黄白色の花を咲かせます。若い葉と鱗茎は、山菜として食用にされます。名前は、修行中の行者が活力源として食用にしたことから。 
ユリ科ネギ属の多年草で、学名は Allium victorialis ssp. platyphyllum。英名はありません。 
"Gyoja-ninniku" (Allium victorialis ssp. platyphyllum) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is distributed northward from Nara-prefecture of Honshu to Hokkaido, as well as the Korean Penninsula and eastern Siberia. The leaves are oblong and 2-3 basal. All parts of plants have leek-like smell. The flower stalk is borne and the yellowish white flowers bloom in the ball-shaped cluster from June to July. The young leaves are bulbs are used for wild vegetable in spring. 
[上・中1] 長野県小谷村千国乙「栂池自然園」にて、
2006年08月02日撮影。
[中2] 長野県茅野市北山「麦草ヒュッテ」にて、
2005年07月08日撮影。
[中3] 長野県山ノ内町「東舘山高山植物園」にて、
2003年06月15日撮影。
[中4・中5] 長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、
2009年04月25日撮影。
[中6〜中8] 茨城県神栖市太田新町にて、2013年05月14日撮影。
[中9〜10・下] 群馬県片品村「尾瀬ヶ原」にて、
2015年07月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp