かわらあかざ (河原藜)

Chenopodium virgatum

Chenopodium virgatum

Chenopodium virgatum

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布してい
ます。河原や海岸の砂地に生え、高さは30〜60センチになります。
茎は赤みを帯び、葉は広線形から長卵形で互生します。葉の縁には
半透明の膜質の縁取りがあります。5月から10月ごろ、茎頂や葉腋
から細長い花序をだし、目立たない花を咲かせます。
アカザ科アカザ属の一年草で、学名は Chenopodium virgatum。
英名はありません。
愛知県豊田市笹戸町「矢作川」にて、2006年11月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp