かぼちゃ (南瓜)

Cucurbita maxima

Cucurbita maxima

Cucurbita maxima

Cucurbita maxima

Cucurbita maxima

Cucurbita maxima

Cucurbita maxima

Cucurbita maxima

Cucurbita maxima

Cucurbita maxima

Cucurbita maxima

Cucurbita maxima

Cucurbita maxima

Cucurbita maxima

Cucurbita maxima

中央アメリカからメキシコが原産といわれています。「せいようかぼちゃ(西洋南瓜)」ともいわれ、わが国へは江戸時代末期に渡来し、広く栽培されています。名前は、カンボジアの国名が語源です。強健で育てやすい果菜類で、ビタミンやカロチンを多く含む緑黄色野菜です。蔓を4メートルほどまで伸ばして、大きな葉の下に果実を実らせます。果肉は粉質で、食感はホクホクとして甘みが強いのが特徴です。
写真中6の品種は、「えびす」
中7は、「くりこし二号」
中8は、「ベイブレード」
中9は、「みやこ」
中10は、「九重栗」
中11は、「雪化粧」
中12は、「伯爵」
そして中13・下は、「アトランティックジャイアント(Atlantic Giant)」。 
ウリ科カボチャ属の一年草で、学名は Cucurbita maxima。
英名は Squash。 
The Squash (Cucurbita maxima) belongs to Cucurbitaceae (the Gourd family). It is an annual herb that is native to Central America and Mexico. It was introduced into Japan in the last days of Edo Era (about 150 years ago), and nowadays it is cultivated widely. This herb is hardy, easy to grow and a deep yellow vegetable that contains vitamin and carotin. The vines can reach about 4 m long, and the fruits are borne under large leaves. The fresh is starchy, not soggy and taste very good and sweet. 
[上] 秋田県藤里町藤琴にて、2005年07月17日撮影。
[中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年06月13日撮影。
[中2] 長野県南箕輪村「信州大学農学部」にて、
2006年08月01日撮影。
[中3・中4] 大阪府枚方市招提元町にて、2007年05月16日撮影。
[中5} 千葉県香取市大角にて、2010年06月25日撮影。
[中6〜中12] 同上にて、2010年08月19日撮影。
[中13・下] 千葉県香取市田部にて、2013年07月16日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp