かぶ (蕪)

Brassica campestris var. glabra

Brassica campestris var. glabra

Brassica campestris var. glabra

Brassica campestris var. glabra

Brassica campestris var. glabra

ヨーロッパから中央アジアが原産です。古くから栽培され、わが国へ
は弥生時代に中国から渡来しました。「あぶらな」の変種で、根を食
べるように改良されました。わが国の「かぶ」を大別すると、東日本の
小かぶ(ヨーロッパ型)と西日本の大かぶ(アジア型)になるそうです。
春の七草のひとつで、「すずな(菘)」とも呼ばれます。
アブラナ科アブラナ属の多年草で、学名は Brassica campestris var.
glabra。英名は Turnip。
Turnip (Brassica campestris var. glabra) belongs to Brassiaceae (Mustard
family). It is a perennial herb that is native from Europe to Central Asia.
This herb was introduced into Japan via China in Yayoi Era (about 2,350
years ago). It is a variety of Wild turnip (B. campestris) and has been made
improvements for using root. The small turnip (European type) is cultivated
in eastern Japan and the large turnip is cultivated in western Japan.
[上・中1] 愛知県安城市「デンパーク」にて、2007年11月02日撮影。
[中2〜3・下] 大阪府四条畷市清滝中町にて、
2006年04月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp