かぶとまる (兜丸)

Astrophytum asterias

Astrophytum asterias

Astrophytum asterias

テキサス州南部からメキシコ北部の国境地帯、リオグランデ川の周辺が原産です。成長が遅く、直径10センチほどにしかなりません。8個の稜があり、「うに(海胆)」のようなかたちをしています。棘は、稜のうえにある白い毛の束に変化しています。春から秋にかけて、黄色い花を咲かせます。花の基部は赤色を帯びます。 
サボテン科アストロフィツム属の柱サボテンで、学名は Astrophytum asterias。英名は Sand-doller cactus、Sea-urchin cactus。 
The Sand-doller cactus (Astrophytum asteria) belongs to the Cactaceae (the Cactus family). It is a columnar cactus that is native from southern Texas to the border of northern Mexico, along the Rio Grande River. It grows very slow and only about 10 cm in height. It has 8 ridges and resembles a sea urchin. The spines turn into a bundle of white hair on the ridges. The yellow flowers bloom from spring to fall. The base of the flower is tinged reddish. 
[上・中] 静岡県浜松市「浜松市フラワーパーク」にて、
2004年02月01日撮影。
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp