からふとえんびせんのう (樺太燕尾仙翁)

Lychnis sp.

Lychnis sp.

Lychnis sp.

Lychnis sp.

わが国の北海道や本州の長野・埼玉県に分布する「えんびせんのう(Lychnis wilfordii)」の近縁種です。花はやや大きく朱赤色で、花弁の先の「燕尾」部分が丸いのが特徴です。詳細な情報がなく、なぜ「からふと(樺太)」なのか、種名もまだ確定されていないようです。 
ナデシコ科センノウ属の多年草で、学名は Lychnis sp.(未確定)。
英名はありません。 
"Karafuto-enbi-senno" (Lychnis sp.) belongs to the Caryophyllaceae (the Carnation family). It is a perennial herb that is a related species of "Enbi-senno" (Lychnis wilfordii). "Enbi-senno" is distributed in Hokkaido, Nagano prefecture and Saitama perefecture of Honshu. The flowers are relatively large, vermillion-red with round forked tips. We have not more information. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2005年05月26日撮影。
[中2・下] 同上にて、2013年05月25日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp