かえんぼく (火焔木)

Spathodea campanulata

Spathodea campanulata

Spathodea campanulata

Spathodea campanulata

Spathodea campanulata

Spathodea campanulata

Spathodea campanulata

Spathodea campanulata

Spathodea campanulata

Spathodea campanulata

熱帯アフリカの西部が原産です。現在では広く熱帯地方に街路樹と
して植栽されています。成長が早く、高さは24メートルほどになりま
す。葉は単羽状複葉で、若いときはブロンズ色、成長すると光沢のあ
る緑色になります。春から夏にかけて、枝先の総状花序に、赤橙色
で黄色いフリルのある大きな花を咲かせます。蝙蝠媒花です。
ノウゼンカズラ科スパトデア属の常緑高木で、学名は Spathodea
campanulata。英名は African tulip tree, Fountain tree。
African tulip tree belongs to the Bignoniaceae (the Trumpet creeper family).
It is a tall evergreen tree that is native to western tropical Africa. This tree is
cultivated widely for use as roadside tree in tropical areas. It grows fast
and can reach about 24 m in height. The leaves are pinnate compound,
bronze color in young and turns glossy green at maturity. The yellow frilled
red-orange flowers come in the terminal racemes from spring to summer.
This is a bat-pollinated flowers.
[上・中6] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2007年03月14日撮影。
[中1] 静岡県浜松市「浜松フルーツパーク」にて、
2005年01月23日撮影。
[中2] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)
[中3・中4] オーストラリア・シドニー市「パームビーチ」にて、
2006年03月12日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5] オーストラリア・シドニー市「タロンガ動物園」にて、
2006年01月29日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中7〜8・下] アメリカ・カリフォルニア州「バルボア公園」にて、
2007年10月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp