かえんかずら (火焔葛)

Pyrostegia venusta

Pyrostegia venusta

Pyrostegia venusta

Pyrostegia venusta

Pyrostegia venusta

Pyrostegia venusta

Pyrostegia venusta

Pyrostegia venusta

Pyrostegia venusta

Pyrostegia venusta

Pyrostegia venusta

Pyrostegia venusta

ブラジルからパラグアイが原産です。蔓性の低木ですが、高さは10メートル以上になります。葉は2〜3個の小葉からなり、先端の1個は巻きひげになります。12月から3月ごろ、長く垂れ下がった蔓に、鮮やかな橙色の花を咲かせます。花冠は5裂して反り返ります。別名で「フレーミングトランペット」と呼ばれることもあります。
ノウゼンカズラ科ピロステギア属の常緑低木で、学名は Pyrostegia venusta。英名は Flame vine、Orange trumpet vine。
Flame vine (Pyrostegia venusta) belongs to the family Bignoniaceae (the Trumpet creeper family). It is an evergreen woody vine that is native to Brazil and Paraguay. This vine climbs up adjacent trees and can reach up to 10 m long. The leaves are compound with 2-3 leaflets and a tendril. The clusters are borne and bloom bright orange flowers from December to March. The corolla is five-lobate and recurving. It is also called "Orange trumpet vine".
[上・中1] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2008年05月30日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2・中3] 静岡県浜松市「浜松市フラワーパーク」にて、
2004年02月01日撮影。
[中4] オーストラリア・シドニー市「タロンガ動物園」にて、
2006年07月29日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5・中6] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、
2009年11月14日撮影。
[中7・中8] 同上にて、2010年01月24日撮影。
[中9〜10・下] 同上にて、2012年12月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp