かごのき (鹿子の木)

Litsea coreana

Litsea coreana

Litsea coreana

Litsea coreana

わが国の本州、関東地方以西から四国・九州、それに朝鮮半島南
部や台湾に分布しています。常緑広葉樹林の林内に生え、高さは
10〜15メートルになります。樹皮は灰黒色で、薄片状に剥離しま
す。葉は披針形から長楕円形で互生し、枝先に集まってつきます。
葉の表面は濃い緑色で光沢があり、裏面は白みを帯びています。8
月から9月ごろ、葉腋に雄花序と雌花序をだし、小さな淡黄色の花を
咲かせます。果実は球形の液果で、翌年の秋に赤く熟します。名前
は、樹皮が剥離して鹿子模様になることから。
クスノキ科ハマビワ属の常緑高木で、学名は Litsea coreana。
英名はありません。
Kago-no-ki (Litsea coreana) belongs to Lauraceae (Laurel family). It is an
evergreen tall tree that is distributed from Kanto-district of Honshu west to
Shikoku and Kyushu of Japan, South Korean Peninsula and Taiwan. This
tall tree occurs in the evergreen broad-leaved forests, and can reach 10-15
m in height. Birk is greish-black, and often shedding in large flake. Leaves
are lanceolate to oblong, alternate and crowd at the end of twig. The
surface of leaf is glossy dark green and underside is albescent. From August
to September, male and female inflorescences are born on the axils, with
small pale yellow flowers. Fruits are round berries and ripen red in the next
fall.
[上・中1・下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年11月30日撮影。
[中2] 同上にて、2002年09月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp