かわらはんのき (河原榛の木)

Alnus serrulatoides

Alnus serrulatoides

Alnus serrulatoides

Alnus serrulatoides

Alnus serrulatoides

Alnus serrulatoides

Alnus serrulatoides

わが国の固有種で、本州の東海・近畿地方以西から四国それに九州の宮崎県に分布しています。日当たりの良い河原や河岸などに生え、高さは5〜7メートルになります。樹皮は暗褐色です。葉は広倒卵形で互生し、縁にはごく浅い波状の鋸歯があります。雌雄同種で、2月から3月ごろ、葉の展開前に花を咲かせます。雄花序は下垂し、雌花序は雄花序の下に上向きにつきます。果実は堅果で広楕円形です。
カバノキ科ハンノキ属の落葉低木で、学名は Alnus serrulatoides。
英名はありません。
"Kawara-hanno-ki" (Alnus serrulatoides) belongs to the family Betulaceae (the Birch family). It is an endenic species to Japan and distributed from Tokai-Kinki district of Honshu south to Shikoku and Miyazaki Prefecture in Kyushu. This tree grows on sunny riverbeds or stream edges, and it can reach 5-7 m in height. The barks are dull brown. The leaves are broad obovate and opposite with very low wavy edges. It is monoecious. The flowers come from February to March before foliation. The male clusters are drooping, the female clusters are upright and below the male ones. The fruits are broad elliptic nuts.
[上・中1〜3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年02月17日撮影。
[中4〜5・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2013年01月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp