かいづかいぶき (貝塚伊吹)

Juniperus chinensis cv. Pyramidalis

Juniperus chinensis cv. Pyramidalis

Juniperus chinensis cv. Pyramidalis

Juniperus chinensis cv. Pyramidalis

Juniperus chinensis cv. Pyramidalis

Juniperus chinensis cv. Pyramidalis

わが国の本州、岩手県以南から四国・九州それに朝鮮半島や中国
に分布する「いぶき」の園芸品種です。葉には鱗片葉と針葉の2形が
あり、ふつうは鱗片葉ですが強剪定のあとなどに針葉がでることがあ
ります。葉色は品種によって青緑色から黄緑色まであります。生け垣
や庭木としてよく植栽されていますが、ネズミサシ類はナシ赤星病の
中間宿主となるため、「なし(梨)」の産地では条例によって植栽が規
制されています。
ヒノキ科ネズミサシ属の常緑高木で、学名は Juniperus chinensis cv.
Pyramidalis。英名は Pyramidal chinese juniper。
Pyramidal chinese juniper (Juniperus chinensis cv. Pyramidalis) belongs to
the Cupressaceae (the Cypress family). It is a tall evergreen tree that is a
cultivar of Chinese juniper. The leaves are of two forms, needle-like leaves
and scale-leaves. The needle-like leaves may be produced after severe
pruning. This tree has many cultivars having various foliage colors, bluish-
green to yellowish-green. It is a popular ornamental tree in gardens and
parks, though it's planting is controlled in the producing district of Japanese
pears.
[上・中1〜2] 茨城県神栖市土合北にて、2009年09月06日撮影。
[中3〜4・下] 千葉県香取市大角にて、2010年09月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp