かじいちご (梶苺)

Rubus trifidus

Rubus trifidus

Rubus trifidus

Rubus trifidus

Rubus trifidus

わが国の本州、関東地方以西の太平洋側から四国・九州に分布し
ています。海岸近くの山地に生え、高さは2〜3メートルになります。
庭木として広く植栽されています。枝には棘がなく、よく分枝します。
葉は広卵形で掌状に3〜7中裂、互生します。4月から5月ごろ、枝
先に白い花を咲かせます。5月には果実が淡黄色から黄橙色に熟
し、甘酸っぱくて食用にされます。名前は、葉が「かじのき」に似るこ
とから。
バラ科キイチゴ属の半常緑低木で、学名は Rubus trifidus。
英名はありません。
'Kaji-ichigo' (Rubus trifidus) belongs to Rosaceae (Rose family). It is a
semi-evergreen small tree that is native to westward from Kanto district to
the Pacific Ocean Side of Honshu, Shikoku and Kyushu. This tree occurs in
coastal mountains and can reach 2-3 m in height. It is also cultivated widely.
The stem is spineless and much branched. The leaves are broad ovate,
alternate and divided into 3-7 lobes palmately. The white flowers come on
the terminal twigs from April to May. The fruits are ripen pale yellow to
yellow-orange and have sweet and sour flavor, edible.
[上・中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年04月12日撮影。
[中2〜3・下] 同上にて、2007年05月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp