かじかえで (梶楓)

Acer diabolicum

Acer diabolicum

Acer diabolicum

Acer diabolicum

Acer diabolicum

Acer diabolicum

Acer diabolicum

Acer diabolicum

わが国の本州、宮城県以南から四国、九州に分布しています。山地に生え、高さは10〜20メートルになります。葉は掌状に5裂し、十字対生します。雌雄異株で、4月から5月ごろ、紅紫色の花を咲かせます。名前は、葉のかたちが「かじのき(梶の木)」に似ていることから。別名で「おにもみじ(鬼紅葉)」とも呼ばれます。 
カエデ科カエデ属の落葉高木で、学名は Acer diabolicum。
英名は Devil maple。 
Devil maple (Acer diabolicum) belongs to the Aceraceae (the Maple family). It is a tall deciduous tree that is distributed southward from Miyagi prefecture of Honshu to Shikoku and Kyushu. This tree grows in mountains and can reach 10-20 m in height. The leaves are devided into five lobes palmately and arranged in decussate. It is a dioecious. The magenta flowers bloom from April to May. 
[上・中1〜2] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年04月28日撮影。
[中3・中4] 長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、
2010年05月15日撮影。
[中5〜6・下] 福島市松川町水原にて、2014年05月31日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp