かきばかんこのき (柿葉かんこの木) [Index] [Back]

Glochidion zeylanicum

Glochidion zeylanicum

Glochidion zeylanicum

Glochidion zeylanicum

Glochidion zeylanicum

わが国の屋久島、種子島以南から琉球諸島、それに台湾や中国南部、東南アジアに分布しています。川岸や低木林に生え、高さは2〜10メートルになります。葉は楕円形から卵状長楕円形で全縁、それに無毛です。3月から8月ごろ、腋生の花序に、淡い黄緑色の小さな花を6〜10個咲かせます。果実は、扁球形の刮ハです。中国名は「香港算盤子」、和名は来歴不明です。
トウダイグサ科カンコノキ属の常緑小高木で、学名は Glochidion zeylanicum。英名は Hong Kong abacus plant。
Hong Kong abacus plant (Glochidion zeylanicum) belongs to the family Euphorbiaceae (the Spurge family). It is a semi-tall evergreen tree that is distributed southward from the Yaku Island, the Tanegashima Island to the Ryukyu Islands, Taiwan, southern China and Southeast Asia. This tree grows on stream banks, scrubs, and can reach 2-10 m in height. The leaves are elliptic to ovate-oblong, entire and glabrous. The small, 6-10, pale yellowish green flowers bloom in axillary clusters from March to August. The fruits are depressed-globose capsules.
[上・中1〜2] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年11月15日撮影。
[中3・下] 同上にて、2012年10月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp