かきどおし (垣通し)

Glechoma hederacea ssp. grandis

Glechoma hederacea ssp. grandis

Glechoma hederacea ssp. grandis

Glechoma hederacea ssp. grandis

Glechoma hederacea ssp. grandis

Glechoma hederacea ssp. grandis

Glechoma hederacea ssp. grandis

Glechoma hederacea ssp. grandis

Glechoma hederacea ssp. grandis

Glechoma hederacea ssp. grandis

Glechoma hederacea ssp. grandis

Glechoma hederacea ssp. grandis

Glechoma hederacea ssp. grandis

Glechoma hederacea ssp. grandis

Glechoma hederacea ssp. grandis

Glechoma hederacea ssp. grandis

Glechoma hederacea ssp. grandis

Glechoma hederacea ssp. grandis

カキドオシ属は北半球に広く分布していますが、わが国にはこの一種だけが自生しています。茎は初めは真っ直ぐですが、花後には地表に倒れて蔓状となり、節からは根をおろします。名前は、垣根の下を通り抜けるほど伸びることから。また葉の形が銭に似ていることから、「れんせんそう(連銭草)」、子どもの疳の虫を取るのに使われたことから「かんとりそう(疳取り草)」の別名があります。ヨーロッパでも古くから民間薬として使われてきました。4月から5月ごろ、淡い紅紫色の唇形花を咲かせます。
シソ科カキドオシ属の多年草で、学名は Glechoma hederacea ssp. grandis。英名は Ground ivy。
The Ground ivy (Glechoma hederacea ssp. grandis) belongs to the Lamiaceae (the Mint family). The genus Glechoma is a perennial herb that is distributed widely through Northern Hemisphere. This is only one speceis of Glechoma in Japan. The stems are errect at first, following flowering these come down on the grounds and throw out roots at nodes. Pale magenta labiate flowers come in April to May.
[上] 群馬県富士見村「赤城ふれあいの森」にて、
2008年04月27日撮影。
[中1・中2] 奈良県下市町広橋にて、2006年04月30日撮影。
[中3] 奈良県御所市関谷「金剛山」にて、2006年04月14日撮影。
[中4・中5] 大阪府四条畷市「むろいけ園地」にて、
2005年04月05日撮影。
[中6] 岐阜県御嵩町「ラ・プロヴァンス」にて、2004年11月20日撮影。
[中7] 奈良県御所市櫛羅「葛城山」にて、2006年10月16日撮影。
[中8〜中10] 千葉県香取市神生にて、2012年04月18日撮影。
[中11・中12] 福島県いわき市「往生山」にて、
2014年04月05日撮影。
[中13〜中15] 山形県南陽市元中山にて、2016年04月23日撮影。
[中16・下] 福島県喜多方市山都町にて、2016年05月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp