かきのはぐさ (柿の葉草) [Index] [Back]

Polygala reinii

Polygala reinii

わが国の本州、東海地方以西から近畿地方に分布しています。山地の林内に生え、高さは20〜30センチになります。葉は長楕円形で互生し、全縁です。5月から6月ごろ、茎頂に総状花序をだし、マメ科に似た橙黄色の花を咲かせます。花冠は3個の花弁と5個の萼片からできています。
ヒメハギ科ヒメハギ属の多年草で、学名は Polygala reinii。
英名はありません。
'Kakinoha-gusa' (Polygala reinii) belongs to Polygalaceae (Milkwort family). It is a perennial herb that is distributed westward from Tokai district to Kinki district of Honshu. This herb occurs in montane woodlands and can reach 20-30 cm in height. The leaves are oblong, alternate and entire. The racemes are borne on the stem apices and bloom legume-like yellowish-orange flowers from May to June. The corolla consists 3 petals and 5 sepals.
茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2009年05月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp