かくれみの (隠蓑)

Dendropanax trifidus

Dendropanax trifidus

Dendropanax trifidus

Dendropanax trifidus

Dendropanax trifidus

Dendropanax trifidus

わが国の本州、関東地方以西から四国・九州にかけて分布していま
す。海岸沿いに生え、高さは3〜8メートルになります。葉は広卵形で
厚く、光沢があり枝先に互生します。6月から7月ごろ、目立たない小
さな黄緑色の5弁花を咲かせます。これが秋には黒い液果となりま
す。若木のうちは葉に切れ込みがありますが、成木ではなくなりま
す。
ウコギ科カクレミノ属の常緑小高木で、学名は Dendropanax trifidus。
英名はありません。
'Kakure-mino' (Dendropanax trifidus) belongs to Araliaceae (Ginseng
family). It is an evergreen semi-tall tree that is disributed from Kanto district
of Honshu west to Shikoku and Kyushu of Japan. This tree occurs in
coastwise and can reach 3-8 m in height. Leaves are broad ovate, thick and
glossy, alternate at end of twigs. During June to July, small yellowish-green
flowers that had five petals are seen in the shadow. Fruits are berries and
ripen black in the fall. Leaves of seedlings are devided, but leaves are entire
when mature.
[上・中1・下] 静岡県南伊豆町伊浜「しいの木やま」にて、
2007年02月16日撮影。
[中2・中3] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2001年07月24日撮影。
[中4] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2006年12月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp