カランコエ・ロンギフローラ・コッキネア

Kalanchoe longiflora var. coccinea

Kalanchoe longiflora var. coccinea

南アフリカのナタール地方が原産です。葉は菱形で縁に欠刻があ
り、灰緑色をしています。低温に晒されたり、強い光を浴びると鮮や
かな朱紅色に変化します。冬に花茎を伸ばして黄色い花を咲かせま
す。園芸上は「シュレン(朱蓮)」と呼ばれます。
ベンケイソウ科リュウキュウベンケイ属の常緑多年草で、学名は
Kalanchoe longiflora var. coccinea。英名はありません。
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年02月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp