カルミア・ラティフォリア (アメリカ石楠花)

Kalmia latifolia

Kalmia latifolia

Kalmia latifolia

Kalmia latifolia cv. Ostbo Red

Kalmia latifolia cv. Ostbo Red

北アメリカの東部が原産です。捻れた幹はよく分枝して、高さは3.6
メートルほどになります。葉は長楕円形で光沢があり、互生します。3
月から7月ごろ、枝先に花序をつけて、白色からローズ色までの花を
咲かせます。和名では「アメリカしゃくなげ(アメリカ石楠花)」と呼ば
れます。写真中3・下は園芸品種の「オスボレッド(cv. Ostbo Red)」。
ツツジ科カルミア属の常緑低木で、学名は Kalmia latifolia。
英名は Mountain laurel。
Mountain laurel belongs to Ericaceae (the Azalea family). It is a small
evergreen tree that is native to eastern North America. The stem is twisted,
much branched and can reach about 3.6 m in height. The leaves are
oblong, glossy and alternate. The white to rose-pink flowers come in the
terminal clusters from March to July. The bottom 2 photos are a cultivar
'Ostbo Red'.
[上・中1〜2] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年05月23日撮影。
[中3・下] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年05月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp