カランコエ・ラウヒー

Kalanchoe rauhii

Kalanchoe rauhii

ツビフローラ種(Kalanchoe tubiflora)と「こだからべんけい(Kalanchoe
daigremontiana)」との交雑種だと考えられています。葉は多肉質の狭
い長楕円形で、鋸状の鋸歯があります。冬に、高さ45センチほどの
花茎を伸ばして、朱赤色のベル形の花を下垂して咲かせます。
ベンケイソウ科リュウキュウベンケイ属の常緑多年草で、学名は
Kalanchoe rauhii。英名はありません。
Kalanchoe rauhii belongs to Crassulaceae (the Orpine family). It is an
evergreen herb that is believed to be a hybrid between Kalanchoe tubiflora
and Kalanchoe daigremontiana. The leaves are succulent and narrow
oblong with sawtooth edges. The long flowering stem about 45 cm in height
is borne in winter. The flowers are orange-red, drooping down and bell-
shaped.
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年01月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp