カランコエ・ティルシフローラ (唐印)

Kalanchoe thyrsiflora

Kalanchoe thyrsiflora

Kalanchoe thyrsiflora

南アフリカのケープ地方に分布しています。全体が白毛に被われ、
はじめはロゼット状ですが成長すると高さは60センチほどになりま
す。葉は多肉質の円形から倒卵形で、縁は赤みを帯びます。冬、花
茎を伸ばして大きな円錐花序をつけ黄色い壺形の花を咲かせます。
花後、花序に子株をつけて親株は枯死します。園芸上は「トウイン
(唐印)」または「ギンバンノマイ(銀盤の舞)」と呼ばれます。
ベンケイソウ科リュウキュウベンケイ属の常緑多年草で、学名は
Kalanchoe thyrsiflora。英名は Paddle plant, Desert's cabbage。
名古屋市千種区「東山植物園」にて、2005年12月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp