かまつか (鎌柄)

Pourthiaea vilosa var. laevis

Pourthiaea vilosa var. laevis

Pourthiaea vilosa var. laevis

Pourthiaea vilosa var. laevis

Pourthiaea vilosa var. laevis

Pourthiaea vilosa var. laevis

Pourthiaea vilosa var. laevis

Pourthiaea vilosa var. laevis

Pourthiaea vilosa var. laevis

わが国の各地から朝鮮半島、中国にかけて広く分布しています。別
名で「うしころし(牛殺し)」と呼ばれますが、これは堅くて粘り強い枝
を曲げて、牛の鼻輪を作ったことに由来します。また「かまつか」の名
前は、鎌や鍬の柄を作ったことによります。4月から5月ごろ、複散
房花序に小さな白い5弁花を咲かせます
バラ科カマツカ属の落葉低木で、学名は Pourthiaea vilosa var. laevis。
英名は Smooth oriental photinia。
Smooth oriental photinia (Pourthiaea vilosa var. laevis) belongs to the
Rosaceae (the Rose family). It is a small deciduous tree that is native to all
over Japan, the Korean Peninsula and China. The timber is very hard,
strong and was used as a cattle leader, helve of sickle and spade. The
compound corymbs are borne and the small white five-petaled flowers
bloom from April to May.
[上・中1〜2] 千葉県香取市田部にて、2012年05月11日撮影。
[中3〜中5] 岐阜県御嵩町古屋敷にて、2005年05月01日撮影。
[中6] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年11月15日撮影。
[中7・下] 群馬県高崎市「高崎市染料植物園」にて、
2011年12月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp