カムイビランジ

Silene hidaka-alpina

Silene hidaka-alpina

わが国の固有種で、北海道の日高山脈、戸蔦別(とったべつ)岳や
幌尻(ぽろしり)岳、カムイエクウチカウシ山などに分布しています。
高山帯の岩場に生え、高さは5〜10センチになります。葉は長楕円
状披針形で縁に微毛があります。8月ごろ、茎頂に淡い紅紫色の花
を咲かせます。萼筒は筒形で黒紫色の10個の脈があります。
ナデシコ科マンテマ属の多年草で、学名は Silene hidaka-alpina。
英名はありません。
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年10月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp