かめばひきおこし (亀葉引起こし)

Rabdosia umbrosa var. leucantha

Rabdosia umbrosa var. leucantha

Rabdosia umbrosa var. leucantha

Rabdosia umbrosa var. leucantha

Rabdosia umbrosa var. leucantha

Rabdosia umbrosa var. leucantha

Rabdosia umbrosa var. leucantha

Rabdosia umbrosa var. leucantha

Rabdosia umbrosa var. leucantha

Rabdosia umbrosa var. leucantha

Rabdosia umbrosa var. leucantha

Rabdosia umbrosa var. leucantha

わが国の本州、中部地方から東北地方南部に分布しています。山地の林縁などに生え、高さは60〜90センチになります。葉は卵円形で鋭い鋸歯があり、先端は3裂して真ん中の裂片が尾状に長く伸びます。9月から10月ごろ、枝先に穂状花序をだし、青紫色の唇形花を咲かせます。葉が卵形から狭卵形で、先端が3裂しないものは「こうしんやまはっか(甲信山薄荷)」です。
シソ科ヤマハッカ属の多年草で、学名は Rabdosia umbrosa var. leucantha(syn. Isodon kameba)。英名はありません。
"Kameba-hikiokoshi" (Rabdosia umbrosa var. leucantha) belongs to the Laminceae (the Mint family). It is a perennial herb that is native from Chubu district to southern Tohoku district of Japan. This herb grows in woodland margines and can reach 60-90 cm in height. The leaves are ovate-round with acute teeth and trilobate tips - the center lobe elongates like a turtle's tail. The spikes are borne in terminal branches and the blue-purple labiate flowers bloom from September to October.
[上・中1] 長野県富士見町富士見「入笠山」にて、
2006年08月24日撮影。
[中2〜中4] 新潟県十日町市松之山にて、2008年10月19日撮影。
[中5] 長野県木島平村「北ドブ湿原」にて、2004年07月04日撮影。
[中6〜中8] 群馬県高崎市榛名湖町「榛名山」にて、
2011年10月01日撮影。
[中9〜10・下] 福島県矢祭町茗荷「八溝山」にて、
2013年10月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp