からすむぎ (烏麦) [Index] [Back]

Avena fatua

Avena fatua

Avena fatua

ヨーロッパが原産です。現在では、世界中の温帯地域に分布しています。畑や草原、河原、道ばたなどに生え、高さは30〜100センチになります。茎は直立して束生し、中空です。葉は線形で、10〜30センチの長さです。5月から7月ごろ、円錐花序をだし、緑色の小穂をつけます。また小穂は、長い芒のある2〜3小花で構成されます。
イネ科カラスムギ属の一年草で、学名は Avena fatua。
英名は Wild oats。
Wild oats (Avena fatua) belongs to Poaceae (the Grass family). It is an annual herb that is native to Europe. Nowadays, it is naturalized in temperate areas worldwide. This herb grows in fields, grasslands, streambanks or roadsides, and can reach 30-100 cm in height. The stems are erect, fasciculate and midair. The leaves are linear and 10-30 cm long. The panicle is borne and produce the greenish spikelets from May to July. The spikelet is composed of 2-3 floscules with long aristae.
[上] スペイン・バレンシア県プソルにて、2011年04月05日撮影。
(photo by Yumi Gunji)
[中・下] 同上にて、2011年04月13日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp