かなむぐら (鉄葎)

Humulus japonicus

Humulus japonicus

Humulus japonicus

Humulus japonicus

Humulus japonicus

Humulus japonicus

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、台湾に分布しています。
道端や荒れ地などに生え、蔓を伸ばしてほかの植物に絡まります。
葉は5〜7裂する掌状複葉で対生しますが、表面に粗毛が生えてい
ます。雌雄異株で、8月から10月ごろに花を咲かせます。立ち上が
るのは雄花です。茎や葉柄には下向きの棘があり、とても丈夫で鋭
く、手足に傷をつけることがあります。ビールの苦味に使用される「ホ
ップ」の仲間です。
アサ科カラハナソウ属の一年草で、学名は Humulus japonicus。
英名は Japanese hop。
Japanese hop (Humulus japonicus) belongs to Cannabaceae (Hemp
family). It is an annual herb that is native to Japan, Korean Peninsula, China
and Taiwan. This herb occurs in roadsides or barrens and grows on a
trailing vine. It has acute downward spines on the stems and petioles. The
leaves are opposite and digitate with 5-7 segments. They are covered with
rough hairs. It is dioecious. The flowers come in August through October.
[上] 奈良県御所市関屋「金剛山」にて、2006年09月05日撮影。
[下] 同上にて、2005年10月13日撮影。
[中1・中4] 大阪府四条畷市逢阪「清滝峠」にて、
2003年10月07日撮影。
[中2・中3] 岐阜県恵那市大井町にて、2007年10月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp