カンガルーポー

Anigozanthos manglesii

Anigozanthos manglesii

Anigozanthos manglesii

Anigozanthos manglesii

Anigozanthos manglesii

Anigozanthos manglesii

Anigozanthos manglesii

Anigozanthos manglesii

Anigozanthos manglesii

オーストラリアの南西部が原産で、ヘモドルム科の単子葉植物です。この科の植物は、オーストラリアと南アフリカ、それに南アメリカ北部の太平洋側にだけ分布し、ゴンドワナ・フローラのひとつと考えられています。細毛に被われ、先が6裂した筒状花を咲かせます。名前は、花序のかたちをカンガルーの前足に見立てたものです。
ヘモドルム科アニゴザントス属の多年草で、学名は Anigozanthos manglesii。英名は Kangaroo paw。
Kangaroo paw belongs to the family Haemodoraceae. It is a perennial herb that is native to southwestern Australia. The Haemodoraceae family is distributed in Australia, South Africa and the Pacific Ocean Side of northern South America. It is thought that the family is one of Gondwana floras. The flowers are tubular with 6-divided tips and covered with fine hairs.
[上・中1] オーストラリア・シドニー市「カンバーランド州有林」にて、
2005年12月29日撮影。(photo by Yumi Gunji)
中2] 同上にて、2006年07月16日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3] 同上にて、2006年07月23日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4] 奈良県三郷町「信貴山のどか村」にて、
2003年03月30日撮影。
[中5] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年04月11日撮影。
[中6] オーストラリア・シドニー市「タロンガ動物園」にて、
2006年02月25日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中7] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」
にて、2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2009年09月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp